2010年7月8日木曜日

オマージュとして

まずは、見て欲しい。感じて欲しい、このスキマの状態を。




「蕎麦前料理」って何?・・・というのはこのブログでは扱わない。(気にはなるが)


掃除道具によるスキマ埋め、というこのアイディアである。


スキマに掃除道具。




・・・松居一代へのオマージュだ。



ちなみに、ウィキペディアで「松居一代」を調べると、


近年では、掃除に気合が入っている女性として、広く世間に認知されており、


って、そんな認知のされ方はいやだ。

外蛇口タイプや自販機タイプのように、固定的な埋め方ではない、テンポラリーさが特徴だ。


「このスキマ、使ってます!(だから入っちゃダメよ)」という主張。




これも。バケツの幅分ぴったりのスキマ。


しかも、ご丁寧にバックにホウキまで控えている。
松居一代の影に隠れる船越英一郎のように。

今回調べてわかったのは、松居一代が11PMの「大阪イレブン」のひとりとして
藤本義一の横に並んでいた、という事実だ。

あ。全くスキマとは関係ない話題で終わってしまったが、
この事実自体がスキマのようなものかもしれない。


1 件のコメント: