2010年8月9日月曜日

ザギンのマースキ

日本で一番土地の値段の高いマチ、銀座。

「やっぱり、お高いんでしょー?」
というオーラがマチ全体を包み込みます。

路線価日本一の常連である「鳩居堂前」の
今年のお値段は2,320万円/㎡!
国税庁 平成22年度 財産評価基準書 路線価図

それでも昨年からは25.6%の日本一の下落率だそう。

一万円札は166平方センチメートルなので、
1㎡に1万円札を並べると約60枚で埋まる。

2,320万/㎡と言うことは、38万円の束を1m角の中に
敷き詰めている、と言う感じ。

うまく言おうと思ったけど、だんだんわかりづらくなってるな。
まぁ、単純に2,320万円/㎡で十分に伝わる件。。。

で、それくらい土地が「お高いんでしょー?」なマチ、
銀座のお高い「スキマ」を探ってみた。



極小すぎる!どうしようもなくスキマっている。

高い地価を最大限に使おうとした2つのビルの「意地」。

以前に紹介した「ミニマム・スリット」タイプだ。

しかも、片方のビル外壁は大理石!
否が応にもゴージャスだ。デラックスだ。スキマ・デラックスだ。

銀座、赤坂、六本木・・・都心のスキマは要注目なのかも知れない。

0 件のコメント:

コメントを投稿