2010年8月15日日曜日

夏休みスキマ特大号

立秋とは名ばかりの暑さ続く中、
街を歩くと「スキマ」を見てしまう今日この頃、
みなさまいかがお過ごしでしょうか。


そろそろ「hanako」あたりで「代官山のステキなスキマ」特集を
組むとか組まないとか(組まないよ。。。)


そんな、「ぶらりスキマ探しの旅」が最近のライフワークになりつつある私。

すっかり気分は阿藤快である。間違っても加藤あいではない。



もちろん、ナレーションは滝口順平。


「あーれあれ、KOICHIROHさん、ナーニをお探しなんでーすか?」
(ちなみにコージー冨田の滝口順平のモノマネは珠玉だよね。)

「スキマ 探してんだけどさー、ナンダかなー!」

(阿藤快の声で脳内再生してお楽しみください。)

・・・

とまぁ、こんな感じで、スキマ探しのぶらり旅。

今回は「東急世田谷線」の旅。

前日、タモリ倶楽部で「超合法建築図鑑」なんぞをやっていて、
こんな物件も面白く見れたりして…


これも建築物、建築法規に則っている「超合法建築」です。


え?スキマ?


そうですね、スキマのサイトでしたね。
もちろん、スキマ探しがテーマなのです。するどく探求します。



そう、「すきまに注意!」なのです。(@下高井戸)


もう街を歩けばスキマがやってくる状態なのです。

歩いて5分と経たずに素晴らしいスキマが。


三軒茶屋。凛々しいパネルタイプのスキマ!

その幅なら埋めなくてもいいんじゃね?的なスキマ、

でも、埋めたい!パネルで!

さらに、同じ建物のもう片方は...


ステキなスキマ。赤い壁のすぐ横。「ミニマム・スリット」タイプです。

しかも、その隣のビルのスキマは「プリズン」タイプ。

一粒で2度美味しい、どころか、3度も美味しい、アーモンドグリコ2個同時食い状態。


ちなにみ、三河屋さんの団体予約は「クラス会」がイチオシです。(その次が商談。)



2010年8月9日月曜日

ザギンのマースキ

日本で一番土地の値段の高いマチ、銀座。

「やっぱり、お高いんでしょー?」
というオーラがマチ全体を包み込みます。

路線価日本一の常連である「鳩居堂前」の
今年のお値段は2,320万円/㎡!
国税庁 平成22年度 財産評価基準書 路線価図

それでも昨年からは25.6%の日本一の下落率だそう。

一万円札は166平方センチメートルなので、
1㎡に1万円札を並べると約60枚で埋まる。

2,320万/㎡と言うことは、38万円の束を1m角の中に
敷き詰めている、と言う感じ。

うまく言おうと思ったけど、だんだんわかりづらくなってるな。
まぁ、単純に2,320万円/㎡で十分に伝わる件。。。

で、それくらい土地が「お高いんでしょー?」なマチ、
銀座のお高い「スキマ」を探ってみた。



極小すぎる!どうしようもなくスキマっている。

高い地価を最大限に使おうとした2つのビルの「意地」。

以前に紹介した「ミニマム・スリット」タイプだ。

しかも、片方のビル外壁は大理石!
否が応にもゴージャスだ。デラックスだ。スキマ・デラックスだ。

銀座、赤坂、六本木・・・都心のスキマは要注目なのかも知れない。